アトピー性皮膚炎と花粉症

アトピー性皮膚炎と花粉症

@ I型アレルギ「即時型アレルギー」とか「アナフイラキシー型アレルギー」とも呼ばれる。IgE抗体が深く関係している。アトピー性皮膚炎や花粉症が代表である。「細胞障害型アレルギー」と「細胞刺激型アレルギー」とも呼ばれ、IgM抗体やIgG抗体が関係している。これらの抗体が組織や細胞と結合した結果、組織や細胞が傷つけられて発症する。薬疹、溶血性貧血、血小減少症などがある。「アルサス型アレルギー」とも呼ばれ、IgM抗体やIgG抗体が関係している。抗体がアレルゲン同士を結びつけて免疫複合体を作り、これに自血球の一種である好中球が応し、組織を傷つける物質を放出する。!gE抗体と結合したマスト細胞や好塩基球の脱顆粒現象により、放出されたヒスタミン等の化学物質がアレルギー反応を引き起こすアレルギー性鼻炎、花粉症、喘息、暮麻疹など血液成分の一つである補体が、自分の体の細胞についたigG抗体やlgM抗体と結合し、連鎖反応を繰り返して細胞を破壊する血液型不適合輸血、薬物アレルギーの多くなど19E抗体が補体の関与により抗原と複合体を作る。これに対して好中球が放出した障害物質により、自分の組織も損傷される膠原病、血清病、糸球体腎炎など細胞障害性T細胞がウイルスに感染した細胞などを直接攻撃することにより引き起こされるアレルギー反応このとき、マクロファージは自分が食べた外敵を自分の表面に示すとともに、刺激物質を放出してヘルパIT細胞を刺激する。ヘルパIT細胞は「免疫の司令塔」とも呼ばれる免疫の要で、ここからが免疫システムの本番になる。刺激を受けたヘルパIT細胞は、また刺激物質を放出してキラIT細胞やB細胞を刺激する。キラIT細胞は異物を直接攻撃するが、B細胞は特別の武器を作って異物を攻撃する。このB細胞の作る武器が抗体で、アレルギーの原因になってくる。

 

 

抗体は血液中のグロブリンというタンパク質でできており、正確には「免疫グロブリン含日B目o”一oσc一中じ」という。抗体は「Ig」と表されるが、免疫グロブリンが省略されたものだ。私たちの体内に入ってくるものは、肉や魚のような食べ物であろうと、牛乳のような液体であろうと、ホコリであろうと、免疫によって抗体が作られる。しかし、すべてのものに免疫を働かせることは身体にとって異常な状態になり、私たちは生きていくために必要な栄養も摂れなくなってしまう。そこで、食べ物など人体に無害なものには抗体が作られないようにする働きが腸管に備わっており、この働きを「腸管免疫」と言う。アレルギーを起こす原因に、いくつかの理由が考えられる。まず、腸管免疫の働きがうまくいっていないことがある。また、ヘルパIT細胞が過敏になり、無害な物質が体内に入ってくるたびにB細胞に大量のIgE抗体を作らせてしまうことなども考えられる。本来であれば起こらないような免疫のズレによつて大量のIgE抗体が作られ、それが引き金となってアトピー性皮膚炎が発症する。