動脈硬化を防ぐには抗酸化に着目!?

動脈硬化を防ぐには抗酸化に着目!?

血管の中が狭くなるなど、血管にも老化現象が起こります。これまでは、悪玉コレステロールが動脈硬化の原因とされてきましたが、最近では血液中に発生する活性酸素が問題であるといわれるようになりました。コレステロールは、人間のからだに必要な脂溶性の物質です。脂溶性のため、単独で血液の中に溶け込むことはできずに、悪玉コレステロール(LDL)といわれるタンカーに乗ってからだ全体に運ばれます。ところが、LDLが体内を巡っている間に、活性酸素によって酸化・変性されると、動脈壁を傷つけます。

 

 

酸化したLDLが動脈壁に停滞すると、自血球が酸化したLDLを食べにきますが、これを自血球の「マクロフアージ」といいます。酸化したLDLの数が多いと、マクロフアージは血管内で動けなくなり、泡沐細胞と化します。この泡沫細胞が、血管内のあちらこちらでコブを作り、動脈硬化の原因になるのです。、コレステロールを運ぶLDLの値が高くても、これらの酸化を抑え、変性したLDLを発生させなければ動脈硬化は起こりません。逆に、コレステロール値が正常な人でも、酸化反応が起これば、動脈硬化が進むことも事実です。抗酸化ビタミンのCやEを積極的に摂取し、コレステロールやLDLの酸化・変性を防ぐことが、動脈硬化の予防になるといえるでしょう。

 

高脂血症も動脈硬化の原因に!?

 

同じコレステロールでも、悪玉コレステロール(LDL) の数値が高いと、酸化・変性を受けやすく、動脈硬化を引き起こしやすくなります。高脂血症は、腎臓病や糖尿病などの生活習慣病の合併症として発症する場合が多いので、日ごろから、抗酸化作用のあるビタミンCやEを十分に摂取する必要があります。そのほか、外食や偏食が多い、肉料理を好む、アルコールを多くとる人は、日々の生活を振り返って、生活習慣病の予防策を考えることが必要です。