国内炎の時にオススメのビタミンサプリ

国内炎の時にオススメのビタミンサプリ

日の中の粘膜に小さな水泡ができて、時間の経過とともに自く日り、ときには中央部分に穴があいた状態になります。食べものが当たったり、酸味や辛味のある食物に触れるととても痛く、食事が困難になることもあります。国内炎の多くは1?2個の単発性で、4?5日で治りますが、体力が弱つていたり慢性的なビタミンB群不足が続くと、慢性化したり、複数の水泡ができることもあります。また、アフタ性国内炎は、女性ホルモン(エストロゲン)に関係し、ビタミンB群が欠乏しやすい女性に多いといゎれます。

 

 

口内炎だけでなく、唇の角が切れる日角炎にも有効です。とくに、女性の場合は、ビタミンB群の補給が不可欠です。また、日の中を清潔に保つことも大切です。細菌などが感染すると口内炎が長引いたり、ひどくなる場合もあるからです。そのほか、日腔内の粘膜の新陳代謝を高めてくれるビタミンAも、合わせて摂取するとよいでしょう。

 

 

カルシウム不足は典型的な現代病

 

カルシウムは、体内のあらゆる組織を維持するために必要なミネラルです。摂取量が減ると、骨に貯蔵しているカルシウムが溶け出し、本来貯蔵しておくべきカルシウムの量減少します。そうなると、骨の密度が荒くなり、まるで簾が入ったような状態になります。

 

日本人は、インスタント食品の多用でリンの摂取量が増え、体内のカルシウム濃度が低下しています。骨の主成分である、カルシウムとリンのバランスが崩れているからです。女性の場合は、閉経期にカルシウムを骨に沈着させる作用をもつエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が激減するため、骨量を維持することが難しくなり、骨粗霧症を発症しやすくなります。

 

子供の成長期には、積極的にカルシウムをとることが重要です。また、20.30代の人でも、まだ骨にカルシウムを貯金をすることができるので、1日1000嘔ほどのカルシウム摂取を目標にしましよう。さらに、骨の成長に不可欠なビタミンKやC、カルシウムの吸収を高めるビタミンDを、しつかりとることをおすすめします。