冷え性で血行を良くするには?

冷え性で血行を良くするにはどうすれば?

からだ全体の体温が低下したりしますが、病気ではないので、明確な治療法はありません。冷え性は、札権血管の血液循環が悪く、手足の末端の老廃物を上手に運び出すことができないために起こります。冬はもちろん、夏でも手足が冷たくなったり、冷一房病にもなりやすいといわれています。自律神経との関係から、血液の循環がうまく行われないことが原因の1 つと考えられます。また、血液の循環の悪い人は、体内の代謝システムが整っていない場合が多いので、ニコチン酸(ナイアシン)で調整することも重要です。とくに効果的なのは、脳にある自律神経の中枢に作用するビタミンEです。Eは、速効性がないので、2?3か月かけてじっくり摂取することをおすすめします。冷え症は体質的な問題なので、完治することは難しいのですが、ビタミンを補給することで症状を緩和することは可能だと考えられます。

 

 

 

コラーゲンが美肌には人気!

肌は体内の状態を表すバロメーターともいわれ、肌にトラブルがあるときは、身体的な疲労や寝不足、食生活の乱れなどがないかどうか、振り返る必要があります。紫外線が当たる部分は、紫外線A(U V ‐A ) と紫外線B (U V IB )による肌へのダメージが考えられるので、紫外線が直接肌に当たらないように工夫をする必要があります。、肌の潤いをよくするビタミンE、細胞の活性化を促すB2やB6などが有効です。

 

とくにビタミンhやB6はヽ皮脂の分泌をよくするので、乾燥肌の人にはおすすめです。真皮(表皮の下にある組織)は「コラーゲン」というたんぱく質で構成されていますが、ビタミンCはその生成を助ける働きがありますoまた、ビタミンCは、メラニン色素の沈着を防止するので、しみやそばかすの予防にも効果的です。しみやそばかすの予防には、パンテノール配合の紫外線カット剤などを継続的に使用しましょう。バンテールは、皮膚細胞の新陳代謝を活性化する作用があるからです。肌荒れは、肌に直接塗るものより、体内から改善するほうがより効果的なので、ビタミンAやE、B群、Cなどを十分に補い、規則正しい食生活を心がけましょう。