生理痛にはビタミンB1が有効!?

生理痛にはビタミンB1がオススメ

吐き気や頭痛、倦怠感や神経過敏などの症状が、数日間続くことをいいます。下腹部にけいれんするような痛みがあることも多く、日常生活に支障をきたす場合もあります。生理痛の原因として考えられるのは、原発性月経困難症です。超音波などで調べても臓器そのものに異常は見られませんが、生理前になると、子宮を含む骨盤の周辺が充血し、血液の流れが悪くなることが原因として考えられます。また、子宮内膜に含まれる物質で、子官を収縮させる働きがあるプロスタグランジンが原因ともいゎれています。

 

子宮内膜の発育を促すので、子官を含む骨盤周辺はうっ血しやすく、血流が一時的に悪くなっています。ビタミンEで血管を広げて血液循環を促し、ビタミンB‐で痛みを緩和させるとよいでしょう。同時にビタミンB6を摂取して、女性ホルモンの分泌を安定させることも大切です。生理痛は、出産経験や年齢とともに症状が軽くなることがありますが、痛みがひどくなる場合は、 一度専門医の診察を受けることが必要です。大きな病気が原因となっている場合もあるからです。

 

ピルを飲んだ時もビタミンを取るように!

現在、薬局で入手できるビルは、低用量とはいえ、副作用がないわけではありません。ビルを服用することで、トリプトファンというアミノ酸の代謝が乱れ、ビタミンB6が欠乏するという報告があります。また、女性は排卵期にエストログンの分泌が著しくなり、血液中のB6の濃度が下がるといわれています。つねにピルを服用している女性は、潜在的なビタミンB6の欠乏症になりゃすいことを覚ておきましようoB6が欠乏すると、食欲不振、吐き気、頭痛などの原因になります。また、トリプトフアンの代謝異常は、脳内のセレトニンという物質の分泌量を不安定にし、 一時的なうつ症を引き起こすといわれています。ビルを常用する場合、多少精神面に影響があることを理解しておきまましょう。

 

ピルの服用によつて、葉酸の吸収率も低下するという報告があります。燥撥が不足すると、胃や十二指腸に潰瘍ができやすくなったり、食欲不振などが起こります。葉酸は赤血球の生成にも関係があるため、不足すると貧血を起こす場合もあります。逆に、ビルを服用すると、血液中のビタミンAや鉄、銅などの数値がこんな症状に効き、 このビタミン&ミネラル上がります。とくにビタミンAは、過剰症にならないように食事を調整してください。

 

 

サプリメントなどの錠剤を意識して摂取することは大切ですが、手軽なドリンク剤などもおすすめです。ビタミンB6はヽ生理前(月経前症候群)の不定愁訴の症状緩和にもなるので、試してみてください。