エストロゲンが不足するとイライラする?

エストロゲンの働きと効果効能

乳一房が張ってきたり、頭痛がするなど、月経前のさまざまな症状のことです。女性ホルモンのバランスの悪い人に多いといわれています。生理が終わってから次の排卵までの間は、卵胞ホルモンのエストロゲンが活発に分泌されます。エストロゲンは、卵子の成長を促すと同時に、皮膚の新陳代謝を促進する物質で、子宮内膜の発育を促し乳一房が張ってきたり、頭痛がするなど、月経前のさまざまな症状のことです。女性ホルモンのバランスの悪い人に多いといわれています。生理が終わってから次の排卵までの間は、卵胞ホルモンのエストロゲンが活発に分泌されます。エストロゲンは、卵子の成長を促すと同時に、皮膚の新陳代謝を促進する物質で、子宮内膜の発育を促しが十分に発揮できないため、イライラなどの症状が現れるのです。

 

 

なお、エストロゲンの分泌が高まると、トリプトフアンというァミノ酸の代謝が悪くなり、ビタミンB6の血中濃度が下がるという報告がありますo日ごろから、ビタミンB6を意識して1日1 ・2 mgほど摂取すると、生理前の時期を安定して過ごせます。ドリンク剤や錠剤なども、1日所要量(1 ・2?1 ・6 ng)のB6が含まれているので、手軽に利用できるでしょう。ビタミンEの摂取も有効です。月経前症候群の症状が改善された報告がありますo女性ホルモンの指令は、脳の視床下部から発せられます。視床下部に作用するビタミンEには、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を調整する働きがあるからです。また、生理前のイライラには、副腎皮質ホルモンの分泌を促すビタミンCの補給も有効です。

 

ビタミンを取るのも忘れないで!!

 

糖分の代謝に不可欠なビタミンBlをサプリメントなどで積極的に補うとよいでしょう。ビタミンBIは水溶性で、過剰症の心配がほとんどないので安心してとることができます。また、過剰な糖分の摂取で負担のかかっている膵臓や、バランスの悪い栄養状態で発生しやすくなっている活性酸素には、抗酸化ビタミンのEやCを十分に補給することがポイントです。1日の糖分量を確認しながら、健康的に甘味を楽しむことは、虫歯や肌荒れ、肥満の予防になるので、意識して調整してください。